キーワード選びが重要

検索する人が多いキーワードはライバルも多い

よほどの有名人でもない限り、個人がホームページを開設したあと、アクセスを増やすためにはまずSEO対策を行うのが基本です。SEO対策といってもいろいろありますが、まず行うべきなのはキーワードの選定になります。たとえば、「野球」というキーワードで検索された場合に検索サイトの上位で表示されるようにするためには、野球を含めたサイト名にする、あるいはコンテンツを野球に関するものにするといったことを行うわけです。 しかし、野球というキーワードでSEOを成功させるのはほとんど不可能に近いでしょう。というのは、野球をテーマにしたホームページは数十年以上前から存在し、今もどんどん増え続けているからです。ライバルが多すぎるため新規で作ったサイトでは太刀打ちできません。

複数、そしてニッチなキーワードがポイント

ではどうすればいいのかというと、複数のキーワードに対応する、そしてニッチな需要に応えるというのがポイントです。たとえば、メジャーリーグの特定のチームに特化したホームページを作れば、野球というキーワードにプラスして、そのチーム名を一緒に検索したときに検索結果の上位に表示される可能性は大いにあるでしょう。また、野球のピッチャーを重点的に取り上げるホームページにすれば、野球というキーワードプラス、個々の投手名を検索したときに上位に表示されるページになるかもしれません。
検索サイトに「野球」と入れるとサジェストと呼ばれるキーワードの候補が出てくるので、最初にキーワードを決めてからホームページを作るのではなく、サジェストを参考に需要のあるキーワードをチェックして、それに応じたページを作るという方法もあります。