他のブログやサイトの記事をそのままコピーしない

他人のコンテンツをコピーするといろいろな問題が起きる

文章を書くのは苦手だけどホームページを運営したいという人は少なくないでしょう。しかし、だからといって他人が運営しているブログやホームページから記事をコピーし、それを自分のサイトにペーストして公開してはいけません。また、いいまわしや語尾などを微妙に変えた文章にしても大部分のところが一致しているのであれば、それもだめです。
コンテンツのコピーがだめなのは著作権の問題だけではありません。コピーしたことが検索サイトにばれてしまい、ペナルティを与えられることもあるからです。どのようなペナルティになるのかは検索サイトの判断次第ですが、ホームページ全体が検索サイトのデータベースから消されることもあります。つまり、せっかく作ったサイトが存在しない扱いを受けてしまうのです。

引用を効果的に用いる

ただ、いろいろな理由でどうしても他者のコンテンツを使いたいということがあるでしょう。たとえば、「この人はこんなことを書いているが、私はこう思う」といった文章を書きたい場合です。「こんなこと」の部分がないと、閲覧者には伝わりません。こういう場合は引用を用いるといいでしょう。
他者のコンテンツの一部をコピーしてサイトに貼りつけ、その内容に対して自分の意見を書くのであれば基本的には引用と認められ、法律に違反することはありません。引用を行う場合に注意したいのは、引用だとわかる表記をするという点です。引用した文章の下部などに誰がどのサイトで書き記したことなのか明記しましょう。また、HTMLの引用タグを使うと、検索サイトは引用タグで囲まれた部分は剽窃ではないと判断してくれるのでペナルティを受けることはありません。